ブログ

忙しくて更新出来ないので、思った事書いときます

投稿日:

$太い彗星のシニア
すみません、最近朝帰って昼出勤が一週間近く続いているので
言葉だけで悪いのですが
書いておきます。
誕生日の事は日曜日に時間とれると思うので、その時書きます。
人生の結果=考え方×情熱×能力である。
3つの条件は足し算ではなく掛け算。
情熱も能力も0以下はない。
しかし考え方だけはマイナスの場合もある。
詰まるところ考え方が、ほんの少しでもマイナス方向に振っていれば、出てくる答えは全てマイナスになってしまうということ。
世の中が悪い、時代が悪いというのならば、そういう時代に対して、一体自分はどれだけ役に立つのか、それをどう解釈し、それに対してどういう信念・情熱を持っているのか、よく自分を責めてみるといいと思う。
無くした物や友や恋人を想い、酷く悲しくなりかけたが、ふと「だからと言って取り戻したいか?『いや、別に』」ニュートラルに戻った。そうだ。今無いもので取り戻すつもりもないもので嘆く事程無駄なものはない。生きる限り誰かと出会い別れ続けるのだ。図らずも。虚しくも。愛さないよりは、愛して失う方がいい。
24時間、人に優しくするのは無理。意識してなくても冷たい態度を取ってしまう事もあります。でも無理して「いい人」であるよりも、自然に「自分らしく」ありたいと思います。まずは自分に優しく
自分に自信が無いと、何か言われると傷つく、自分に自信が有れば何を言われても傷つかない。思ったら飛べ! そこから何かがはじまる! 出来る! 
心が明るいから、幸せへの感性も鋭くなる。しあわせを容易に発見するから、心がまた明るくなる、という
循環をくり返すわけである。幸福な人とはみなそういうものなのであろう。
他人を喜ばすことに生きがいを感じれば、それは天職へと転じていきます。つまり、他人を喜ばすこと自体が一つの立派な才能なのである。
また、他人が、自分のことをどう思うかなんて気にしないことです。気にしたところで、相手の気持ちをコントロールすることなんてできないから。
誰にだってある、人には言えない苦しみが、悲しみが、ただ黙っているだけ、言えば愚痴になるから、言わなくて良かった 逃げなくて良かった 棄てなくて良かった。 戦わなくて良かった。 あんなに辛いことも しずかに過ぎ去って 何もなかったように。 あんなに辛いことも 胸から出さないまま がまんして良かった。 こうして時が過ぎて 小さな事に変わって 時は味方してくれて。
「疲れた」は、よく頑張った証。
「間違えた」は、問題に挑んだ証。
「緊張する」は、気が引き締まっている証。
「死にたくない」は、みんなと一緒にいたい証。
「諦めようかな」は、それまで希望を捨てずにいた証。
「素直になれない」は、それほど相手のことを考えてる証。
自分の頭で考えるということは自分自身の思いはどこにあるのかということと同義。
言葉を変えれば自己を見つめるということに他ならない。そしてその自己にも常に問題意識を投げかけ、自己を高めていくことであり、成功への近道は、根性論を唱える事ではなく自分を知る事だ。 しかし成功とは自分の満足できる形にするだけの事でありただの自己満足だと言う事も知っておかなければ、自分を知る事もできない。自分の前に道が出来るのではない、歩いてきたところが道になる
若いときは人生は永遠に感じるが自分の人生に限りがあることに気づき慌てるときにはすでに人生のほとんどは終ってる。無情な話だ・・・

4万円からクルーザー貸切 2人デートコース

クルージング 大阪

-ブログ
-, ,

Copyright© 太い彗星のシニア , 2022 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.