言葉

言葉まとめ 2012/04/16~04/22

投稿日:

PR;キャンペーン始動いたしました。Webコンサルタントのノウハウと、SEOとPPCのツールも提供します。 詳細
何かをはじめるのに最高の日。 それは今日です。
やらねばならないことを、やらずに済ませた。本当にやらずに済ませて良かったのだろうか?、その代償として、「信用」という財産を失っていないか、考えてみよう
頑なに固まってたら何も受け入れられない。頑固って視野が狭くなる。
勇気を持って、誰よりも先に、人と違ったことをしなさい。
忙しさに追われて、何をやったらいいか分からなくなった時は、やるべき事をノートに書きだすようにしています。 予定に縛られるのではなく、予定を管理する為です。 どんな些細な事も全部書いていると、優先順位が見えてきます。
バカなやつは単純なことを複雑に考える 普通のやつは複雑なことを複雑に考える 賢いやつは複雑なことを単純に考える 複雑に考えるというのは一見頭のいい人のすることのように思えるが、実はまったく逆で単に無駄な回り道 賢い人は単純な姿に変えて核心だけを残すことができる
自分の望むことに意識を集中できないうちは、自己管理ができているとは言えない。また、次の一時間に何を考えるかを決められないうちは、幸せになることはできない。
わかりやすく話を伝えるために、「相手に地図を示す」。地図を表現するように、最初に話の全体像を示し、相対図を説明した上で、内容を詳しく話していくと、相手に話が伝わりやすくなる
日本人はすみませんをよく使いがちですが、ありがとうと言える場面では積極的にありがとうを使いましょう。感謝されると相手も嬉しいし、感謝は巡り巡って自分に返ってきます。
人が生きてゆくには、少なからず命を頂いていると言うことに他ならない。どのような形にせよ、他の動植物の命を頂いている。生かされていることに感謝の気持ちを忘れてはいけない。
言わなきゃだめな事は いつまでも言えなくて 言わなくてもいい事は 流れるように出てくる。 だから心が交われずに スッキリしないんです。 伝わる言葉があるなら 伝わらない言葉もあり 誤解もあると理解して 伝えなければいけない。 伝えた事を後悔しない。 たとえ伝わらなくても。
うまくいかなかった事は、少し見方を変えると「できない事の発見」
私自身、リセットだらけの人生なので、みなさんに「いつでもリセットボタンを押せば大丈夫よ」と呼びかけたい気持ちです。
『ありがとう』とか『素晴らしい』とか、感謝の言葉、人を褒める言葉を発すると、笑顔が増える。汚い言葉、文句を言うと、笑顔が減る。笑顔を増やしましょう。オイラは笑顔が好きです
【7日間で人生を変えるための7つの方法】 1.幸せな言葉を選択する 2.居心地の悪いことを始める 3.得意な分野で誰かを助ける 4.情熱を注げる趣味に時間を使う 5.少しポジティブに毎日を生きる 6.物事を楽観的に考える 7.何が起こるかわからない状況を楽しむために注意を払う
梅の花は寒さが厳しいほど香り高い花が咲く。人間も苦しむほど人格が養われる
山の頂上でなくていい、目の前のその一歩を目標にせよ。
ほんのささいな事がきっかけで何かが始まる事が有る。
人間の肉体もマシーン。定期的なメンテナンスが必要です。最もいいのは毎日のメンテナンス。日ごろからメンテナンスをしていれば常に快適に行動できるわけです。メンテナンス怠っていませんか?
どんなに小さくてもいい。頑張ったなら結果を残すべきだ。
あたかも全生涯を生きるように今日一日に全力を尽くす。あらゆる一日は人生の凝縮であり、一日をおろそかにする人に、人生をきちんと生き切ることはできません。
成功はそれほどためになる経験ではありません。 むしろ失敗のほうがはるかにわれわれを啓発し、目を醒まさせてくれるのです。
前に進めば壁や困難があるのは当たり前。「またいつもの当たり前が来た」その気持ちでいれば困難は恐れる必要なしです。喜んで迎撃しましょう
ひとはあなたの行動や発言をみているのではなく、「一貫性」をみているのである。ひとは「一貫性」のあるひとの影響力を受けたいと思うのである。
金があるからって偉いわけじゃない。でも金が有った方が選択肢は広がるよ。近所の公園で家族仲良く遊ぶのもしあわせだろう。でも公園でしか遊べないなら子供のためになんとかしようとするのもいいんじゃないかい?
あなたが必要とされていることを忘れてはいけません。あなただけにしかできない、あなただけの仕事が、必ず一つはあるのです。
ささいな出会い。 これからの歩む未来にどれぐらいあるだろうか。 変えられるのは未来だけ。 変えるのは今。 ささいな出会いの今が、未来を変える。
出る杭は打たれる。打ってる場合じゃないだろ。
アスファルトを割って植物が伸びてくる訳ではなく、亀裂から染み込んだ水分を糧として植物が機を捕らえたに過ぎないのです。大切なことはアスファルトを打ち砕く力を手にいれることではなく、チャンスに備えて体力や知力、洞察力を研くことにあるのですよ
物事や人に 無関心にならず なんでも 好奇心を持って 関心を持つのが 重要ですね
調子が上がらない時程、当たり前の事をコツコツやったほうがいいんだな。 一気に調子上げようと無理にテンションあげると、大ポカやらかす事多し。
少ないつもりで多いのが” 無駄 
山の頂上でなくていい、目の前のその一歩を目標にせよ。
言われて気付く事 見て気付く事 されて気付く事 して気付く事 いい事も、わるい事も、全て感じた事から気付きになる まずは感じよう
己の『やる気』をコントロール出来る人間は人生成功する。他人の『やる気』もコントロール出来る人間は人生大成功する。『やる気』と『元気』で人生を『ノリ』切るのさ。
大抵の者は、自分でも思いがけないほどすばらしい勇気を持っている。
誰だって笑顔の中には幸せなんかちょっとしか詰まってないんだよ。汗だったり涙だったりするんだ。でもどうしたらそんな笑顔になれんのかって聞かれたら隣に笑顔があったからって答えるんだ
不満を言うだけでは何も変わらない。
「自分の回りは素晴らしい人が多い」ってのはきっと素敵な人生。「自分の回りにはロクなヤツがいない」もしそう思ったら、あなた自身も回りからそう見られている。
「優しくなったな」・人は自分が痛みを知って初めて人の痛みを知る。苦しみ・悲しみ・痛みを背負い、知らず・知らず涙があふれ頬を伝う。そして初めて君の悲しみに触れた。
あるものを活用しなければ、 ないに等しい
四季の移ろいを重ねた笑顔とは、苦しみや過去を主張しない ...
トヨタは、昨日と同じことをすることを「作業」といい、新しいことにチャレンジすることのみ「仕事」と呼んでいる。
頑張れ自分!いつも心の中で叫んでる。
あなたの暖かいその笑顔は一時の穏やかな時の流れに刻まれたのものではなく、時には汗や涙を身にまとい、試練や風雪を耐え抜いて来たものだと解りました。でもそれは他人にはその想いを容易に感じさせないものでしたね ...そう、今が笑顔でいられればそれでいい
時間がある時に限って、結果が出ない。
世界中の人が『多分明日はとっても良い日になるだろうなー』と、思いながら寝て、『多分今日はとっても良い日になるだろうなー』と、思いながら起きたら世界が少し楽しくなるだろうな
未来に希望を持ち続ける方法、それは、他人に喜びを与えることです。幸せはゴールではなく、副産物なのです。
生きていると言うことは、今を生きている。過去に生きることは出来ない。未来に生きているかは分からない。過去の栄光や過ちなんてどうでもいい。未来への期待や願望なんて、どうなるか分からない。今考えていること、今やっていることなら変えることができる。最善を尽くそうではないか。今が大切だ。
多くの人は現状を見て、なぜこうなのかと問う。私は現実にない状況を夢見て、なぜそうではないのだろうと問う。
ひとはあなたの行動や発言をみているのではなく、「一貫性」をみているのである。ひとは「一貫性」のあるひとの影響力を受けたいと思うのである。
目の前に壁が立ちはだかる理由。自分の過去の怠りの結果であったり、将来身に付ける必要があることであったり…余計なことを考えるより、越えるべく取り組もう。後回しにすると辛くなる
成功とは・・・場所でもなければ、目的地でもない。大きいものでも、小さいものでもない。とびきり高価なものでもなければ、安く手に入るものでもない。成功とは・・・やると決めたことを やり遂げた時に味わう、最高の思いである。
目標を定めたら、それに併せて具体的な計画を立てる。「達成に向けて、いつ、何を、どれだけやるか」を決めなければ、行動に結びつけるのは難しい
真の「敗北」とは「心が折れる」ことを言うんだよ。
「やらないと」ではパワーが弱い。 「やりたい」と思うからこそ力を発揮する。自分の心のスイッチを見つけ、いつでもONにできる状態にできたら何事もうまくいく。
「一年前と変わってないな」と落ち込む人がいるけどその必要はない。 その間に学んだことや経験したことは必ず役に立つ。一年で吸収できたものに誇りを持とう!
過去は、捨てることはできない。現在は、止めることができない。しかし、未来は 決めることができる。
助けた相手から、恩知らずの仕打ちを受けるでしょう   気にすることなく 助け続けなさい   あなたの中の最良のものを、世に与えなさい  けり返されるかもしれません  でも気にすることなく、最良のものを与え続けなさい    「あなたの中の最良のものを」
見ているだけで 何も描けずに 一日が終わった そういう日と 大きな事をやりとげた日と 同じ価値を見いだせる 心になりたい
積み木で城を作ってもそれは積み木である。城の概念を持たない人間や動物から見たら積み木の配置が変わっただけで何かが作られたようには見えないだろう。つまり、「積み木」そのものは物理的に存在するがそれの組み合わせで作られた「城」というものは心の中にしかない幻想だ。
加えるものが何もなく、取り除くものもこれ以上何もないときに、完璧が達成される。
実力がない者に、運やツキはまわってこない、運やツキも努力の結果です
いま立っているこの道、いま歩んでいるこの道、ともかくもこの道を休まず歩むことである。自分だけしか歩めない大事な道ではないか。自分だけに与えられているかけがいのないこの道ではないか
天に従って人として行うべき道を一筋に歩む。その道は利己的でなく公正さを持って誠を尽くすものだけが歩むことができる


言葉まとめ:参考本サイト作りました
クリックして下さい。


言葉まとめ 2012/04/09~04/15

人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ にほんブログ村 グルメブログへ にほんブログ村 音楽ブログへ

-言葉

Copyright© 太い彗星のシニア , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.