言葉

言葉まとめ 2012/02/06~02/12

投稿日:

PR:アブラハム・プライベートバンク
PR: 資産運用を学ぶなら!
苦しいこともあるだろう。言いたいこともあるだろう。不満なこともあるだろう。腹の立つこともあるだろう。泣きたいこともあるだろう。これらをじっとこらえてゆくのが、男の修行である。
【人が何かを始めるのに遅すぎるということはない。大事なのは今までではなく今から】今日を一生懸命生きる。いつかやろうではなく今やる。それが成幸をもたらします。
どこまで行けるかなんてわかんないけど、やれるだけやってみよう。僕にはそれしかできない。限界にはとっくに到達してるけど、無理してでもやっちまえば、限界って自分が考えてるより高いところにあるかもしれないって思う。この繰り返しなんだよな。
「老いは怖くない。目標を失うのが、怖い!」何のために長生きしたいのか。健康の先に何を見たいのか。その目標がはっきりしないと、ただの怠け者になってしまう。
99%と100%は大きく違う。でも、1~99よりも0~1の方が大きい。1番は100だけどね!大切なのは自分が描く未来、理想の未来に向けての初めの一歩を踏み出せるか。踏み出せれば99までは誰でもチャンスがある。100は自分との戦い。
とにかく具体的に動いてごらん具体的に動けば 具体的な答が出るから
失敗の原因を素直に認識し、「これは非常にいい体験だった。尊い教訓になった」 というところまで心を開く人は、後日進歩し成長する人だと思います。
「お金いうんはな、人を喜ばせて、幸せにした分だけもらうもの。だからお金持ちになるのは、みんなをめっちゃ喜ばせたいて思てるやつ
自分に起こる全ての事は100%自分の責任
モチベーションとは、夢が作業着を着る時
明確な目標を持ったあとは執念だ。ひらめきも執念から生まれる
お金と親友になれる人が、幸せなお金持ちになる
大きな夢を見ること。 そして夢を追い、最後まで、実現するまで追い続けること。 夢が完成するまで満足してはいけない。
企業は時間経過と共に価値が増大する
重要なことは、共に働く者の強みである。仕事の仕方である。価値観である。これらのすべてが、人によって違うのが当たり前である
他人の幸福を自慢されるのは、不幸とは違う。災難である。
皆が群がる場所ではなく、誰も行かないような場所へ行ってみる。人が行きたがらない所へ目を向けてみる。そこにこそ、皆が手に入れることのできない貴重なものが落ちているように思います。
家が貧しくても、体が不自由でも、決して失望してはいけない。人の一生の幸も災いも自分から作るもの。周りの人間も、周りの状況も、自分から作り出した影と知るべきである
もし壁に突き当たっても、あきらめちゃだめだ。どうやって登り、越えていくかを考えて、もがいてみるんだ。
「迷」という漢字は「道の上の米粒」。迷いの本質は米粒くらいに小さい、ということです。だから迷ったら、どっちだっていいんです。どっちだっていいと思うと心が軽くなります。軽くなった気持ちで、損だとか得だとか気にせず、心が楽しくなる方へ動けばいいんです
真実の愛はうまくいかないものだ。
人が死ぬのはいつだと思う?人に忘れられたときさ!
何も持たぬ自分に価値がないと確信する者は、地位や名誉や財産など人に自慢出来るものを追い求めそれに執着する。それはそれで良いのだが、そのような人に見せるためのものを幾ら持ってもそのままの自分に価値がないという確信は消えない。だから切りがない。
『心の扉を開く』 私たちは、とても乗り越えられないと思える問題が生じると、 心の扉を閉ざしてしまうことがあります。 しかし問題解決には、返って自分の心を開いてしまった方が解決がはやいのです。
人間が生きている間に絶対的に続けなければいけないのは【学び】だ。まず生きる為に食べなければならないが、作物を作るならその方法、買うなら金儲けの方法を学ばねばならない。つまり、どのみち避けられない学びなら、早いうちに自分に適した学びの方法を身につけた方が良いに決まっている。
【うまくやる必要はない ただ全力でやればいい】上手にやろうとすると、余計なストレスも生まれるし疲れることも多くなります。結果を気にせず持ちうる全力で取り組む、この姿勢が案外最良の結果を生み出すもの
イライラすること、いつも愚痴を言っていること。同じ人生を生きていて、なんであんたにだけ、そんなにつらいことが起きるの?おかしいよね。何かが違うんだよ。何が違うって、考え方が違うだけなんです。
『ありがとう』 『すいません』 大切な言葉ほど 拒んでしまって 『コノヤロー』 『バカヤロー』 こういう言葉は 簡単に飛び出す。 マイナスの情は 言葉と直結して いるもんだから どんどん湧いて 自分の中にいた 不満という名の 超モンスターを まき散らかして 世界を曇らせる。
『なんだ、かんたんじゃん・・・・』その簡単なことが思いつかなかったんだよね。 
限界を決めるのも自分。そして、限界を打ち破るのもまた自分。
傷つき打ちのめされても、這い上がる力が欲しい。人は皆、弱虫を背負って生きている。
常に心に浮かぶ【?】を大切にしよう。そうすれば後から【!】が必ずついて来る。
【どんな才能にも準備期間がある】努力して、一生懸命やって、それでも「成果が出ない」ときもあります。焦らないで顔晴ってください。どんなに才能があったとしても、種を植えてすぐに出る芽はありません。今はきっと準備期間なのです
謙虚になるのと目標を小さくするというのは全然違うな
成長する為に必要なこと。 それは、常に自分に負荷をかけ続け、それを、やり切ること。 人間は苦しいことに出会ってこそ努力し力を発揮する。しかし、今の世の中、その苦しいことを避けることができる。従って自分で負荷をかけにいかないといけない。
心に疑念が生じないよう万全の準備をする ~心の持ち方と同様、プレッシャーの対処の仕方についても選択することができます。それをワクワクすることとみなして味方にするか、心配して仕事に悪影響を及ぼすか、それはすべて自分次第です、人に勝つより、自分に勝て。
人間は、優れた仕事をするためには、自分一人でやるよりも、他人の助けを借りるほうが良いものだと悟ったとき、その人は偉大なる成長を遂げるのである。
絶望とは、もうすぐ新しい自分と 新しい希望が生まれてくるという前兆である。
「勝つ意欲」はたいして重要ではない。そんなものは、誰でも持ちあわせている。重要なのは、勝つために準備する意欲である。
苦しく難しい決断になると、自分で決めない…そうやって流され流され生きてきた…その弱さがこの土壇場で出た…この結果は言うならば必然…これまでのオレの人生のツケ…
■ナースが聞いた「死ぬ前に語られる後悔」トップ5 1. 自分自身に忠実に生きれば良かった 2. あんなに一生懸命働かなくても良かった 3. もっと自分の気持ちを表す勇気を持てば良かった 4. 友人関係を続けていれば良かった 5. 自分をもっと幸せにしてあげればよかった
美味しい話は決して向こうからはやってこない。
何もしなければ何も始まらない。
人は必ず一度や二度の危機は訪れる。その時初めて義理人情や礼儀礼節や常日頃の言動・立ち振る舞いの大切さを痛感する。
最近目標の大切さを感じてきた。 誰もが、どんな状況においても持つ事でより質の良い生活、人生が味わえる。
『世の中、自分中心に動いている』 地球の歴史は46億年、150余りの国があり約70億の人が住むという。 しかし実感できるのは、今、ここに自分が生きているということだけ。
やり直しも修正もできない過去のことが、人の信用を左右するのなら、 いま現在に全力投球して、これから黄金の過去をつくるほかない。 それがあなたの過去を、黄金の過去にいろどる唯一の方法なのだ。
振りかざした拳を、大人しく下ろす勇気を持とう。思うがままに振る舞えるのは、年端の行かない子供と暴君と愚か者だけだ。
感情だけで行動すると、後悔で終わることが多いな。動く前にひと呼吸。
今僕のいる場所が探してたのと違っても間違いじゃない。きっと答えはひとつじゃない・・
世の中に感謝される価値を与えるからそれ相応の報酬を受け取っている。 今自分はどれほど世の中に価値を提供しているだろうか? 価値を与えてもいないのに報酬を望んではいないだろうか?
決まった道はない。ただ行き先があるのみだ
整理ができない人たちの最大の過ちは、いつでも必ず「あとで」があると信じていることだ。しかし、実際には「いま」か「もう手遅れ」のどちらかしかない。
『誰だって、自分の人生と言う物語の主人公なんだ。』
馬の行きたい方向に馬を走らせるには手間も労力も要らない 
不幸を治す薬は、ただもう希望よりほかにない。
人間のオモテ・ウラというが、表に出たものは、もう既に裏ではない。
”恋の終わりに思う事” ひとりだけ不幸は嫌で 相手も自分と同じよう 不幸でいてと思ったり。 相手の幸せを願う別れ。 恋愛本じゃあるまいし それは無理というもの。 でもまだ苦しいのなら 精一杯のがまんをして。 相手を憎むのではなく 見捨ててしまえたなら そんな復讐だってある。
「与える」気持ちを持つと自然とうまくいくようにできています。
変えられるものに目を向けよ!過去や他人は変えられない。自分が変われば未来が変わる!
この世には物事を完全に中立の立場で見ることのできる人はいません。なぜなら、私たちも現象(宇宙)の一部だからです。現象の只中にいる人が、現象を客観的にみることはできないのです。観察者の想いと対象とは切り離されていません。つまり、人はみな自分が見たいものを見ているということです。
問題解決には「思いやりの心」が必要だ。人や自分の喜ぶ顔が見たいが為に、自らが先頭に立って解決法を模索する。例え最初の動機が不純であろうと、結果がたくさんの笑顔をもたらせば、心も自ずと晴れやかになるから不思議だ。
人間は時間と言う束縛を平等に受けている。 だから今が大切。
痛みがわかる人は、誰かにも優しいし、柔らかいし、強い。だから若いうちは色んな体験や感覚に触れるべき。いっぱいバカやって、いっぱい泣いて、いっぱいキスするといい。これからの時代を変えるのは、そういう連中です。
明日良いことがあると思ってごらん、今幸せになるよ。
飼いならされた羊として百日生きるよりも、一日をライオンとして生きなさい
失敗や悲しい出来事があった時「ポジティブに!」と言うのには理由がある。、「ポジティブに!」は、何かが起こっている瞬間。つまり失敗を「成功へ導く時が訪れた!」と言う事でもありその瞬間は来るべくして来ているということ。しかしネガティブな考えでいると成功の方法を導き出せない。
自分を信じて見る目を培う。それはとっても大切です。信じて心を開いていけば、この先に傷つくことがあるかもしれません。しかしそれを超える出会いがあるんだと僕も思います。
少しでも興味を持ったこと、やってみたいと思ったことは、結果はともあれ手をつけてみよう。幸福の芽はそこから芽生え始める。
恋とは利己的なものです。しかし、人生になくてはならないページです。
何かを得ることは、何かを失うこと。
新版 ハンディーカーネギー・ベスト(3冊セット): 「人を動かす」「道は開ける」「カーネギー名言集」/D・カーネギー

¥2,310
Amazon.co.jp


言葉まとめ 2012/01/31~02/05/30

人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ にほんブログ村 グルメブログへ にほんブログ村 音楽ブログへ

-言葉

Copyright© 太い彗星のシニア , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.