生き残る為に知っておきたい


「もし自分が凶悪事件に巻き込まれたら」を想定して
心の準備をしておくことが
自分の命を守る上でとても大切なことです。
日本では、そんな事に自分が
巻き込まれないだろうと
思ってしまいますが
それでも、もし自分が
その状況になった時
パニックにならずに
対象法を知っておいた方がいいでしょう。
転送元:Mail Online
以下が動画のなかで紹介されている、生き残る上で大切なポイントである。
 
【逃げる】
・逃げ道があるのなら、避難する
・他人が避難することに賛成しようとも反対しようとも、とにかく逃げる
・所持品は置いていく
・可能なら、他の人も逃げられるよう助ける
・他人が、事件が起こっていることを知らずに、犯人がいるところに行こうとしていたら、止める
・自分が安全な場所にいる時は、緊急電話番号(日本の場合、110番や119番など)に電話する
【隠れる】(逃げることが不可能な場合、隠れる場所を見つける)
・ドアの鍵を閉める。もしくはドアのところに物を置いて、ドアが開かないように封鎖する
・携帯電話の音が鳴らないようにする
・何か大きなものの後ろに隠れる
・音を立てない
・犯人の視界に入らない場所に隠れる
・犯人が、自分がいる方向に撃ってきても大丈夫なように、自分を守るものの後ろに隠れる
・自分の動きを制限するような場所には隠れない
【戦う】(最後の手段。自分の命が危険にさらされた場合に限る)
・犯人を無力化する
・物理的な攻撃をする
・その場で武器を作る
・自分の行動に集中する
【救助部隊が現場に到着した時】
・騒がず、指示に従う
・常に自分の手が、救助部隊に見えるようにしておく
・何かを向けたり、大声をあげたりしない
・負傷者のための助けが来ていることを知っておく


あなたは狙われている! 防犯対策 犯罪から身を守る! [DVD]あなたは狙われている! 防犯対策 犯罪から身を守る! [DVD]
京師 美佳(防犯アドバイザー),松尾 貴史,監修:四方修 (元大阪府警本部長)
株式会社ツイン
売り上げランキング : 140164
Amazonで詳しく見る
身近な危機から身を守る本 犯罪、災害、事故で生き残るためのテクニック (PHP文庫)身近な危機から身を守る本 犯罪、災害、事故で生き残るためのテクニック (PHP文庫)
柘植久慶
PHP研究所
売り上げランキング : 9816
Amazonで詳しく見る

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク