ニュース

年収1000万円台がゴロゴロと噂の業界

投稿日:


年収1000万円がゴロゴロしている
と以前にインターネット上でも
話題となった同人誌作家の世界。
同人誌のマーケットは
確実に根を張って市民権を得たが
その実態はどうなのだろうか。
$太い彗星のシニア
兼業から
専業になる人もいる


4000億円の市場規模を持つと
言われるオタク産業。
同人誌市場は
その10%以上となる
553億円(数字はいずれも野村総研調べ)。
漫画、アニメ、フィギアと言った商品は
もはやブームを越え
世界各地に輸出されている。
そんな中、
「オタクのお祭り」と言われる
「コミックマーケット」なる
巨大イベントが存在する。
このイベントは
年に2回開催され
驚いた事に
開催期間の3日間の間に
約55万人もの人間が
東京有明の
イベント会場ビックサイトに集結する。
彼らの目的は
一般の書店では
購入する事が出来ない同人誌であり
コミックマーケットは
世界最大の同人誌即売会なのだ。
「自分が好きな事で勝負できる場ですね」
同人誌作家Aさん(20歳代)は
自分が作った本を手にそう語る。
デザインソフトや
画像加工ソフト
今までに趣味のために
使ったお金は15万円以上だ。
 
同人誌とは
個人が趣味で作成し
企業を通さず
自費で出版したものだ。
その内容は人気の漫画や
アニメのパロディ漫画から
文壇評論までと幅広く
中にはプロ顔負けの
クオリティを誇る
同人誌も存在する。
55万人が集まるため
動く金額は相当のもの。
多くは会社員として働きながら
同人誌を作成しているが
人気作家ともなれば
会社員の給料よりも
同人誌の収入の方が
多くなる事もしばしばだ。
仕事を辞め専業として
同人誌作家になるケースも存在する。
漫画家の副業
数年前、品川かおるこさん(ペンネーム)
という同人誌作家が
同販売で3年間で
約2億円の所得を得たが
所得を約2000万円と過少申告し
脱税で6570万円の追徴課税を受けたことがあった。
また、漫画家が副業として
同人誌を作成し
1000万円以上売り上げる場合もある。
「売れない漫画家」の収入源としても
同人誌は活用され
連載が決まるまで
同人誌を販売して
糊口を凌ぐというわけだ。
出版社にマージンが
取られない分
売れるほど所得が多くなっていく。
 だが
「売上が1000万円を越える人はごくわずか」と
前述のAさん含め
多くの同人誌作家は口を揃える。
同人誌の販売価格は
1冊400円~1000円程度
印刷代も馬鹿にならない。
売れなければ在庫になり
印刷代も回収出来ない。
専業の同人誌作家になったとしても
その道のりは険しい。
それでもAさんは
「仕事では予算、納期、そう言った
負わなければならない事が沢山ありますが
同人誌の制作にはそれがありません。
自分が頑張れば
成果が出ると思っています」と言う。
同人誌作家は自分の時間を投資する。
社会人として働きながら
余暇を同人誌を作成する。
売れたいという事もあるが
純粋に
「自分の作品を皆に見てもらいたい」
という思いもある。
厳しい世界だが
市場規模からすれば
将来のスターが生まれることは夢ではない。

ジョブズ氏の考える
「人生の変え方」

$太い彗星のシニア

人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ にほんブログ村 グルメブログへ にほんブログ村 音楽ブログへ

-ニュース

Copyright© 太い彗星のシニア , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.